youtuber

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/29(水) 19:45:28.46 ID:xM6aE9NW9
    YouTuberのヒカキンさんが5月29日に投稿した動画で、今まで受けた迷惑行為について語った。ヒカキンさんは今月21日放送の「踊る!さんま御殿!」(日本テレビ系)で、低層階マンションだと迷惑行為を受けるため、高層マンションに住んでいると明かした。

    番組では「ピンポンを2時間鳴らされ続けた」と明かしたが、動画ではこの詳細についても話した。ある日、ピンポンが鳴り、出ようとすると、インターホンに若い学生が映っていた。反応をしてしまうと相手の思うつぼだと思い、無視をしていたら、

    ■「10分、20分、30分……鳴り止まねえぞ! 気づいたら1時間、で2時間くらい経ってるんですよ」

    と外が暗くなってもピンポンは鳴り止まなかったという。そんな中、ふとスマホを見ると、ツイッターに、「すいません!今、家来てます~!」「今インターホン鳴らしたの僕です」といったメッセージが届いていた。

    「絶対お前じゃん!みたいな。本当に悪気ない感じなんですよね。『なんで出てきてくれないんですか?』みたいなニュアンスで」

    自宅付近で親子が待ち伏せ 「どんだけ待たせるん!?」と逆ギレされる

    まだピンポンが鳴り止まないので注意しようかとも思ったが、「それしちゃうと『会えるやん』っていうのになっちゃうので」と、やむを得ず警察に通報したという。数分で警察がやって来た。サイレンが近づき、家の近くで止まった。

    「そーっとベランダからマンションの入口の方を見ると、その子が警察に囲まれているんですよ。7~8人くらいの」

    迷惑行為をしていた人物はバッグの中を検査されていたといい、ヒカキンさんは「そういうことになっちゃうんで(略)やめた方がいいよ」と呼びかけた。

    しかし、この人物は懲りなかったようで、再度ツイッターに、「先程はご迷惑をおかけしました! で、ちょっと話聞いてもらえませんかね?」といったメッセージが来ていたという。警察に囲まれにも関わらず、このようにコンタクトを取ろうとする神経にヒカキンさんは驚いたようだ。

    ほかにも、中学生3~4人につけられタクシーも見つからず30分以上歩いたこと、帰宅途中に知らない女性から「ひーちゃん」を声を掛けられたこと、帰宅したら待ち伏せしていた親子に「やっと来た!どんだけ待たせるん!?」とキレられて子供とのコラボ動画撮影を強要されたことなどを明かした。

    ヒカキンさんは、つけられたり待ち伏せされたりすることが何度もあるという。キッズ人気の高さから、やはり子供からの被害が多いようだが、ただ「待ち伏せ系は女性が多い」と明かした。

    キャリコネ編集部2019.5.29
    vol. 8905
    https://news.careerconnection.jp/?p=72377
    no title

    【【YouTuber】ヒカキン、迷惑行為を受けて警察沙汰になった過去明かす】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/29(水) 15:23:19.83 ID:50Q43+s10NIKU
    @RvszoU
    ふくれな?とか言うYouTuberが新しく飼ったボストンテリアの子、私が原宿のペットファーストで飼おうか悩んでた子と一緒の子だと思うんだけど知り合いが飼い主が見つからなくて引き取ったとか美談にしててなんで嘘つくんだろーなあって思った
    左がツイッターに載ってたやつで右が店で撮ったやつ
    2019年5月29日(水) 02時06分51秒
    no title

    no title


    no title

    no title

    【【ヤラセ?】YouTuber「保健所で殺処分寸前の子犬を助けた!」→実はペットショップで買った犬だった】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/25(土) 08:17:37.14
    https://youtu.be/oCLiWXPZ2os


    可愛すぎワロタwwwwwwwwwwwww
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【美人女ユーチューバー発見されるwwwww【画像あり】】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:12:48.808 ID:HRBEBrZAp
    ラファエルのワンパンでヒカル沈みそう

    【ぶっちゃけヒカルよりラファエルのほうが格上だよな?】の続きを読む

    このページのトップヘ